×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮膚のバリアーとは、肌のバリアー機能とは・・・?

この時期の肌秋から冬にかけて「カサカサ乾燥肌」に悩まされる人も多いのではないでしょうか? 寒くなると肌は、乾燥した空気によって皮膚のバリアーがはがれやすくなります。
皮膚のバリアーとは、皮膚の表面を覆う皮脂膜や角質細胞が、その奥の皮脂腺から分泌される脂が皮膚からはがれるのを防ぐ機能のことで、うるおい肌を保ち、カサつきから肌を守るための大切な要素です。また、外から有害物質が入ってくるのを防ぐ働きもあります。
肌のバリアー機能を保つ肌のバリアー機能を保つためには、食事をはじめとしたライフスタイルの見直し、皮膚をこするなどの摩擦、室内の温度や湿度、ストレスをためないなど心身ともに健康であることが大切です。

「カサカサ」乾燥肌の洗い方・・・。

皮膚の細胞は消耗品とはいえ、入浴時などに汚れやアカを必死に落とそうとゴシゴシ、真っ赤になるまで洗うのは自ら肌荒れの手助けをしているのと同じ。
「お肌をキレイにしなきゃ」と思うのなら、ツヤツヤの脂を皮膚からはがさないよう、ソフトな素材のタオルを使ってあまり力を入れずに洗うことです。
やさしくいたわるように、「愛車の汚れ落とし」をするようなイメージで洗うようにしてください。

カサカサ乾燥肌の方のための、石鹸や保湿クリームの選び方とは・・・?

カサカサ乾燥肌用のボトルタイプの石鹸は洗浄力が強いので、肌がカサつくときには向きません。逆に粒子の細やかな固形せっけんを使って、ふわふわ泡立たせてからやさしくソフトに洗うのがコツです。
ボトルタイプを使うなら、例えばアトピー用の低刺激のものを使うとよいでしょう。
カサカサ乾燥肌用の保湿クリームは、あくまでも肌の脂の減少防止のためにコーティングするものです。過度に何度も塗る必要はなく、日中はやや脂分を減らした水分の多く含まれたものを、夜寝る前は水分が少なめの濃いものを塗りましょう。
カサカサ肌の様な肌の弱い人はなによりも、自分に合ったクリーム探しが大切。ポイントとなる「低刺激」のクリームを選んでみてください。市販のサンプル品などを数種類試してみるのもいいかもしれません。また、大人の場合は「子供・ベビー用」のものを使う必要はありません。

Copyright © 2008 カサカサ乾燥肌の「かゆみ」で悩まされていませんか・・・?